注文住宅の相場:東京の場合

注文住宅の相場:東京の場合 東京の場合は注文住宅の相場はグッと上がってしまいます。
これは建物ではなく土地の値段が大きく影響してます。
東京は狭い割りに人口が密集していて、人気の高いエリアになると土地だけで数千万から数億になることもあります。
注文住宅の相場は大体1000万円から3000万円くらいです。
建物にこだわる場合はもっと高額になりますし、広いスペースを求める場合もお金はもっと必要になります。
エリアによっても土地代は変動するので注意が必要です。
千代田区や港区、中央区などは他のエリアよりも費用が掛かります。
このような場所に注文住宅を持ちたい場合は多めに予算を用意しておかないと厳しくなります。
足立区や葛飾区などは比較的土地の値段が安いのでマイホームを持ちやすいです。
場所にあまり興味がない、注文住宅さえ持てればどこでも構わないというのであれば、土地の値段が安い場所を狙うのがおすすめです。
大体の金額を把握しておくと情報収集もはかどります。

現実的に住める安い注文住宅は東京にもある

現実的に住める安い注文住宅は東京にもある 注文住宅の魅力は、クライアントの要望によって予算を決めることができるという点です。
実際に、東京であっても安い注文住宅を利用できるメリットがあります。
元々、東京で住宅購入が難しくなってしまうのは、土地の価格が高いからです。
基本的に、大都市になるほど土地の需要が高くなりがちになりますので、その部分で大きなコストがかかります。
住宅の費用は、建築物と土地の合算ですので、住宅部分でコストがかからなくても、土地を取得するときに無駄なお金を支払わなくてはいけないことも多いです。
ですから、平均的な地価が安い地域を探せば都市部であったとしても低コストで注文住宅を購入できます。
1つだけ注意をしなくてはいけないのは、予算を決めるとはいっても限度があるという点です。
一般的な低コストの例では1000万円台から2000万円台が最安値になっています。
この範囲内ならば、十分に家族で生活ができるスペースを確保できますので、安心して相談ができます。